第9回 2004年6月25日〜27日

分類 映画祭の歴史



1日目(6/25)

オープニング・パーティ★一日目(6/25)
『戦後在日五○年史〔在日〕』

2日目(6/26)

『ハナ(ひとつ)のために』
『非同一性不可逆的反復再生』
『春山妙美信女』
『kozue sugiura gender works』
「歴史と平和を語る」
       ナヌムの家:姜日出(カンイルチュル)ハルモニ
「しの笛」 演奏:小池照男
アコースティックバンド・たう コンサート
      〜波多野信子、塚田タカヤ、宇井ひろし
あがた森魚 「たう」と共に
無声映画『十二月の三輪車』    
      弁士:片岡正二郎/楽団:くものすカルテット
      ワークショップ 「朝鮮文化体験〜民族楽器で遊んでみよう」 
      
3日目(6/27)

『月はどっちに出ている』
特集:荒戸源次郎監督とともに
      『外科医』
      『赤目四十八瀧心中未遂』 
対 談 荒戸源次郎監督×あがた森魚
さよならパーティ

コメントを書く

メールアドレスが公開されたり他で使われたりすることはありません* 印の項目は必須項目です。

*
*